NEW「200mmでメジロは撮れるのか。野鳥撮影素人による実験 in 池上梅園」

秋のひたち海浜公園。見頃を迎えたコキアで紅く染まるみはらしの丘を見に行ってきた。

撮影記

こんにちは、ろろろです。

見頃を迎えたと情報を得たのでひたち海浜公園へコキアを見に行ってきました。
混雑を避けるためにも早めに行きたかったのですが、駅に向かう途中でバッテリーを忘れたことに気付き一度引き返したので結局混み合う時間帯に。

みはらしの丘へ

ひたち海浜公園へは勝田駅から出ている直通バスで向かいました。
入園券とバスの往復券をがセットになったものが930円で東口のバスロータリーあたりで売っています。予約は必要ありません。
バスは本数が多いのでバスの時間に合わせて電車を選ぶといったことをする必要はなさそうです。

海浜公園西口から少し歩いてみはらしの丘へ。
コキアの紅葉を目当てに行ったので知らなかったのですがコスモスも咲いていました。
コキアもコスモスも楽しめるのはお得ですね。

コキアとコスモス。
コキアは丘の上の方に生えていてコスモスは下の方に咲いています。
気温が高く秋を感じにくい日が多かったですが、紅葉したコキアとコスモスを同時に見ると本当にもう秋なんだなと感じさせてくれます。

天気はあいにくの曇り。
曇りだと色がくすんでしまうのでベルビアを使って鮮やかさを出していきます。

ソバの花

春に菜の花が咲いていた場所にはソバの花が咲いていました。春とはまた違った雰囲気です。
このソバの花は「常陸秋そば」というブランド品種だそうです。

ネモフィラに負けないくらい綺麗だし人も多い

4月のネモフィラもかなり混雑しましたがコキアも同じくらい混雑していました。
僕がみはらしの丘に着いたのは10:30くらい。
丘の上に近づくにつれ人口密度が上がって行きます。

丘へ登る道ろ降りる道は一方通行で同じ道で引き返すことはできません。
丘っから降りる時は特に人の動きがゆっくりで時間がかかるので時間の余裕のない人は登る前に時間を確認した方が良さそうです。

人が多いとはいえ真っ赤なコキアに覆われたみはらしの丘は圧巻です。

丘の下の方は人があまり多くないので写真撮りやすいと思います。
上の方を入れないように撮れば混んでるように写りません。

人がさらに増えてきているように見えたのでそろそろ丘に登ることに。

登ってやっと気がついたのですが丘の頂上近くに生えているコキアほど朱色からピンクになっています。

今年のコキアは小ぶりと聞いていましたが、確かに頂上付近のピンクが強いコキアは他のコキアと比べて小ぶりなように見えます。ピンクだから小ぶりだとより可愛らしく見えます。1つくらい持って帰れたりしませんかこれ。

コキアの和名はホウキグサ。箒はコキアを乾燥させて作るそうですよ。
そう言われると箒っぽく見えてきます。

頂上にもコスモスが咲いています。コスモスも頂上に咲いているものはピンクが強いですね。

海。
丘の頂上からコスモスと一緒に写してみました。ネモフィラを見に行った時は望遠を持っていなかったので撮れなかったんですよね。
丘の頂上にはベンチがあってゆっくりできるようになっているのですが、頂上はこの公園で一番混んでいる場所なので運が良くないと座ることはできなさそうです。

ススキも生えていました。
この丘だけで秋らしさをたくさん感じることができますね。

おわり

というわけでひたち海浜公園にコキアを見に行ってきたわけですが、やっと秋を感じることができました。
コキアの見頃は20日ごろまでと聞いたのですが実際に見てみるとまだ赤くなりきっていないコキアもあったので来週末までは見頃が続くような気がします。
東京から2時間ほどで行けるので週末お時間ある方は是非行ってみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました