NEW「200mmでメジロは撮れるのか。野鳥撮影素人による実験 in 池上梅園」

集めたくなるサイズ感「ハーフサイズプリント|FUJIFILM」を実際に利用してみた。

カメラ・機材

こんにちは、ろろろです。

最近ちょっと気になるサービスを見つけました。
それがタイトルにもあります通りFUJIFILMのハーフサイズプリント。普通の写真の半分のサイズで写真をプリントできるサービスです。
今回はそれを実際に利用してみた感想なんかをつらつらと書いていきます。

注文してみた

FUJIFILMのハーフサイズプリントはスマホから簡単に注文できます。
まずはサイトにアクセス。
ハーフサイズプリント|FUJIFILM

プリントのみの注文だけでなくハーフサイズ用のアルバムを一緒に注文することもできます。
今回はプリントのみで注文したのでプリントのみを選択。

最初に紙の種類とフチ加工を選びます。
僕はフチ加工がおしゃれで気に入ったので今回プリントする写真は全てフチ加工にしました。

紙の種類とフチ加工を決めたらスマホの写真フォルダからプリントしたい写真をアップロードして枚数を決めます。
違う紙の種類とフチ加工の写真を一緒に注文したい場合は、右上の「他サイズ」を押すと種類を増やせます。

プリントしたい写真を選んだら会計に進んで終わり。とってもお手軽です。

3,4日で到着

待つこと3、4日ついに届きました。

ハーフサイズということで可愛らしいサイズ感。旅行の思い出をプリントして集めておくなんて使い方楽しそうだなと思います。

ハーフサイズプリントは1枚40円。
宅配便(610円)で届きます。

僕が注文した時は何かのキャンペーン中だったのか送料無料になっていました。

トレーディングカードと比べてみる

ハーフサイズプリントはトレーディングカードと同じくらいのサイズということで決闘者時代の僕の切り札と並べてみました。
スリーブをしているのでカードの方が少し大きく見えますがスリーブなしだとほぼ同じくらいです。

トレーディングカードと同じサイズなので財布に入れておいたり手帳にはさんでおくといった使い方もできそうです。
このサイズ感なら人にあげる際にも邪魔になりにくそうです。

光沢とマット仕上げの違い

めちゃくちゃわかりにくいですが上がマ光沢、下がマットです。
光沢は普通にプリントした写真と同じ感じです。対してマットは半艶くらいのイメージです。
光沢は触れると指紋がつきやすいですが、マットは指紋がつきにくいので扱いやすいですね。
好みが出るところではありますが、僕は扱いやすさも含めてマットの方が好きかなぁ。

細かいディティールは潰れがち

少し気になったのがこの写真。
左側の簾が変な写りになってしまっています。

ハーフサイズプリントは普通のサイズの写真のサイズの半分なので細かいディティールは崩れてしまうことがあるのかもしれません。他の写真も崩れるまではいかないけどもやっとした描写になっているものが数枚ありました。
また、全体的に黄色っぽい色になっている印象を受けました。
僕の写真は無駄に青っぽいものが多いので逆によかったかも?

おわり

初めて自分の撮った写真をプリントしてみましたがモニター上で見る時はそこまで気に入っていなかったけれど実際にプリントしたら「いいじゃん…」と感じる写真が何枚もありました。トレーディングカードと同じサイズなので広い範囲を写した風景より主題がはっきりと写したわかりやすい写真の方が似合うものが多いのかもしれません。
お手軽に注文できるハーフサイズプリントですがこれは光沢の方が似合ったかもという写真や、これは縁ない方がもっとよかったかもしれないなどプリントする楽しさを気軽に体感することができたのもよかったです。

集めたくなるようなサイズ感なので旅行に行くたび気に入った写真をハーフサイズでプリントして集めておく使い方が楽しそうだと思ったので、またどこか行った時に利用したいです。

実はプリントするのが楽しくてこんなものにも手を出してしまいました…。

こちらは年明けに紹介できたらと思います。

集めて楽しいだけじゃなくプリントの楽しさも教えてくれるハーフサイズプリント。おすすめです。

にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました